ピヨの気まぐれ鬱日記
MMORPG「METIN2」のブログです。 個人的に検証した事や、 日々のマゾい狩りであった事、 あとはお馬鹿な俺の友人を紹介したりしていきます!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
The Last Question
────それはたった3ヶ月か。

4ヶ月か、5ヶ月か。

たったそれくらいの月日の間の俺と皆の…

思い出の世界だ。

だから今日は少しだけ。

俺の戯言に付き合ってみないか?────






思えばこの日記を始めたのも、単なる突発的な気まぐれだった。
だからブログ名にも取り上げ、適当にネタやら愚痴やらをひたすらとバラ撒く、一貫性の無い素人のブログだ。アクセス数が日に日に加速していき、俺はこんなブログにも、と。少しでも多くの人たちに楽しんでもらえるように、必死に更新したつもりだ。
何度も「ブログみてます」と言われた。
何度も「269」と言われた。
何度も他国の猛者と剣を交えた。
その度に俺はこのブログを続けていくことに充実していった気がする。
このブログは俺がメティンの世界に居たという証拠のようなものだ。
だから、リアルであったことを今後更新することや、日々の愚痴を言ったりすることは無い。ここはあくまでメティンと俺と皆の証だから。
だから、これが多分、このブログ最後の更新になると思う。
そうだな、敢えて名前をつけるのなら…








ピヨの気まぐれ鬱日記

最終話

「今、心から君に"ずつだい"」








俺は自慢ではないが、昼は専門学生、夜はサービス業と中々ハードな日々を送っていた。
1日の平均自由時間は3時間か4時間か。夜更かししたら5時間か。
そんな日々にPC媒体を通して私生活に介入できる娯楽など、せいぜいネットくらいなものだった。ただHPを眺めたり、時にはマージャンしたり、と。なんだか同じような毎日の繰り返しだったが、それも直ぐに慣れた。
転機が訪れたのは4月下旬くらいだっただろうか?
たまたま仕事で4連休が入ったので、急にヒマだった。
ここ2年くらい、まとまった暇なんてあまりなかったので、突発的に暇になると困る。暇の有効な潰し方を知らないんだ。
だからだろうか?俺はいつも通りインターネットを始めた。
スロットの無料アプリでも見つけて4日を潰そうと思い、「スロット 無料」で検索をかけて引っかかったのが、「ハンゲーム」と「ネットマーブル」だ。
ハンゲームのアプリはとっくにやりつくしていたので、ネットマーブルのスロットを楽しむことにしたのだが、まったく面白くなかった。
ブラウザを閉じる行為に及ぼうとしたときになんとなく、ほんとになんとなく目についたのが「METIN2」だ。
もともと高校生のときにやりまくっていたので、4日間くらいで飽きるだろう、とDLしてやってみることにした。
熱かった。
ただ単に熱かったんだ。
爽快な狩りと、一喜一憂の対人。
どれも今まで味わったことの無いスケールに驚いた。
俺はこのとき、休日4日目以降の私生活への介入をこのメティンに求めたのだ。
本格的に始めたのは刺客キャラだった。完全に私生活の安定を犠牲にした。このゲームにはそれだけの価値があった。
俺はどんどんとメティンの魅力に引き込まれていった。
やがて仲間が出来た。それは暫くしてSEALsの皆との出会いに繋がり、このブログの発端へと繋がり、他国の皆との交流に繋がった。
とても充実した日々だった。
だがその時既に、いや、寧ろこのゲームを始めたその瞬間からといったほうが正しいか。
やめなければいけない日へのカウントダウンが始まっていた。
夏もすっかり終わり、北海道は秋すら終わり、冬がやってこようとしている。
農家のオフシーズンは、北海道のサービス業は基本的に忙しい。
普段、畑を耕している男達が、束の間の休息を求め、様々な娯楽に身をゆだねに町へやってくるからだ。
そしてそれは同時に、俺の、「メソ」の、「ピヨ彦」の、「ジャガーさん」の。戦いの終わりを意味していた。
メティンで遣り残したことが無いと言えば嘘になる。
てっぺんを見てみたかったが、てんで不可能だった。
だから俺は種を撒く事にした。
鎧以外の全ての装備を、仲の良かった数人に、俺の野望と共に引き継いだ。
本人達はいつの間にかそんな重責を担わされていたなんて知る由も無かっただろう
最後の最後に数人の知り合いが集まってくれていた。
シャウトを借りて引退宣言もした。
画面の右側が手紙のアイコンで一杯になったとき、俺はメティンをやっていたことをこの上なく満足に思えた。
最後に写真撮影をした。
集まってくれたのは特に仲の良かった人たちだ。
そして、そーさんやちびさんや巨人さん達と最後に交わした言葉は。

ずつだい

リオさん、元気にしているかな。
何時かかえって来るって言っていたけど、俺は一足先に退きました。
待っていて上げたかったけど、無理だった。ごめん。
TOPさん、最後に会話出来なくて残念です。何の役にも立たなかった俺に文句も言わず、俺に居場所を与えてくれた事を感謝します。ありがと。
マックさん、何時も俺の唐突なネタフリにアドリブで答えてくれて、沢山笑いをいただきました。これからもお元気で。
まおちゃ、大学とバイト、がんばってね。同じような境遇なので、影から応援しております。スパロボなら経験値2倍だよ。がんばれ。
失神君、スロットやりすぎに注意ね。最近の台は立ち回り難しいから、慎重にね。勝て。
パブちゃ、あまり面倒見てあげられなくてごめん。もっと詳しい人も沢山いるから、教養を蓄えてください。なぎ払え。
そーさん、装備いつまでも借りててごめん。メッセ登録しておくから、また会話しようね。魔修羅マゾイかもだけどがんばって。焼き尽くせ。
ちびさん、色々お世話になったね、ありがとう。これから刺客の時代を切り開いていってください。任せた。
巨人さん、俺の剣、どこまで役に立つかわからないけど、大事に使ってあげて。俺の最後のパートナーだったものだから。攻撃武士で俺が見出せなかったもの、見つけてください。頼んだ。
たろさ、あんたにゃ特に何も無い。生きろ。

そして俺とかかわってくれた全てのメティンユーザーの皆様。
縁があれば何れ、又。

一線を退き、振り返った今、ふと最後に思う。
俺はメティンに何か遺せただろうか。
スポンサーサイト
TOP

[ Template help ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。